借金する前に身内に相談をしましょう

借金がどうしても必要になった場合は、消費者金融などに行く前に、親や知人、友人に相談するのが一番良いです。もしも、消費者金融を利用したら、高い金利がかかってしまい、借りた金額よりも、かなり多くの金額の返済をしなければならなくなってしまうためです。
消費者金融を利用するのは、親などに相談した結果、全く支援を受けられる状態にならなかった場合が良いです。
しかし、全く支援をしてくれない身内の人はあまり考えられません。普通の生活をしていれば、何らかの支援をしてくれます。支援を受けるのは一度だけと固く決意をして、借金をお願いするならば、身内ならば支援してくれるでしょう。
その後、何度も借金のお願いをしていては信頼をなくしてしまいます。何度も借金のお願いをするということは、何か問題があることの方が多いので、支援した方がつらくなってしまいます。
お金を借りるという行為は、貸す側がいかに大切なものを支援してくれるのかを理解しなければなりません。

借金の返済で延滞しないようにするには

延滞しないようにするには 借金の返済で延滞をすることは、一般の人が思っているよりもはるかにデメリットが大きいです。延滞をすると通常の金利に加えて遅延損害金が20%程度かかってきますし、3ヶ月以上の延滞をすると分割払いの権利を失い、残高を一括で請求されてしまうこともあります。
また、個人信用情報に傷がついて、将来の自動車ローンや住宅ローンの審査に影響したり、賃貸借契約での保証会社の審査に通らないためにアパートやマンションが借りられないということも起こり得ます。
それでは、延滞をしないためにはどうすればいいのかというと、一番大切なことは無理な借金をしないことです。
年収に応じた無理のない金額を借りるようにすれば、返済で困るようなことはありません。無理な金額というのは、金融機関の審査に通過した金額ではありません。
例えば消費者金融の審査で50万円が借りられたなら、消費者金融はあなたが50万円なら返済できる能力があると判断したわけですが、実際には冠婚葬祭や自動車の購入などで思わぬ支出が必要になることもありますし、ボーナスが減少したなどの事情で思っていたよりも収入が減ることもあります。
緊急事態に備えて、常に手持ちの資金には余裕を持たせておくようにしましょう。

おすすめWEBサイト 7選

2017/10/20 更新

コンテンツ